精神安定剤を飲む習慣

よく、精神科に通うと一週間から二週間分くらいの精神安定剤をもらう。普通の感覚からすれば、そんなものは飲むべきではないと考えるかもしれない。

しかし、私の経験から言わしてもらうと、精神安定剤はびっくりするぐらい効く。

1度、パソコンを打っていて、息苦しくなって倒れたことがある。

とてつもなく苦しくて、ベットに横になって息ができなくて死にそうになった。

これは間違いなく、内臓かどこかの器官がいかれてしまったのだなと不安になったものだ。

しかし、内科の先生に診てもらったところどこも異常なし。処方された薬は精神安定剤とうつ病のクスリだった。

このクスリがすごく効いた。息苦しくなる時やちょっとストレスがたまったなと思った時に飲むと不安や気分がよくなる。

だから、私の実感として、精神系のクスリというのは、すごく有効だ。ただ、問題になるのは、そのクスリが、依存してしまうことだ。

精神安定剤は、微量だが、どうしても、睡眠誘導剤に似た効用がある。

その効果が快感になって依存してしまう人がけっこういるのだ。その依存性がある人をどう見抜くかがこれからのストレス社会を上手く生き抜くために精神科の先生たちが最も気をつけなくてはいけないことの1つだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です