男性サラリーマンには厳しい時代

今の時代、いろんな地域に精神科やメンタルクリニックという名前で、心に対する個人医療の形で、精神を病んでしまった人に対するケアをしてくれる医院がある。

特に、経済的に発展している場所には、最近は、たくさん精神科の医院ができている。

リストラや給料カット、それに、海外赴任によるストレスなど、今の時代のサラリーマンは本当にたいへんで精神を病む人が多い。

会社の方も、今の時代、1人の人間を定年まで雇い続けるのに必死だ。

ブラック企業のように、血も涙もなく、簡単に若者を切り捨ててしまう会社もあるにはあるが、最後の定年まで責任をもって雇用してあげたいと考える会社もまだ日本にはたくさんあるのも事実。

そういう会社の人事担当の苦悩といったら、たいへんなものだ。

実際、日本のホワイト企業でも、雇用確保のために、やむなく転勤という形をとる会社が今の時代多い。

40歳ぐらいまで、いろんな地方の部署をたらい回しにされ、やっと本社にもどってきたのに、2年ぐらいで、また、転勤というそういうサラリーマンはたくさんいるのだ。

それに、今、そういう地方を転勤している男性サラリーマンに問題になってきたのが、妻の不倫だ。

スマホの電子コミックなどの普及が影響して、夫が留守をしている間に、別の男と不倫してしまう女性は意外に多い。

桂あいりのようなアダルトコミック作家の作品が人気化しているが、もう、アダルトコミックを読む人の30%が女性になっている。

これからの男性サラリーマンは、会社に捨てられないように上手く生きていく能力とともに、妻の不倫まで警戒しなければならない時代になってしまった。